離婚での慰謝料や財産分与を弁護士に依頼する場合の費用は

離婚がこじれる原因には多くの場合お金の問題があります。それも分与する金額が大きいほどこじれることが多くなるようです。つまりお金持ちの離婚にトラブルが発生することが多いのです。でもこうしたトラブルがあるからこそ弁護士の出番があるのです。はっきり言って財産分与など関係のない協議離婚では弁護士の出る幕はないのです。さてこうした場合に出番が回ってくる弁護士ですが、いったいその費用はどれくらいかかるのでしょうか。一般的に弁護士報酬は二つに分かれています。その一つは依頼時に支払う着手金と費用の実費です。着手金については弁護士会で定められた基準によって決まりますが、必ずしもその通りでなければいけないわけでもなく、交渉で値引きに応じてくれることもあります。具体的な金額については請求金額によって違いますが、例えば慰謝料と財産分与の合計が2,000万円以上だと、着手金は100万円超の額になります。でも必ずしもこの金額でなければ応じてくれないこともなく、事情を話せば成功報酬を多くすることで、着手金を減額してくれることも珍しくありませんから、交渉してみることが必要です。なお費用の実費とは訴状に必要な印紙代や提出書類にかかるコピー代、それに交通費、電話代などです。

弁護士会基準での弁護士報酬はこうなっている

離婚での慰謝料、財産分与などで弁護士を利用した際の報酬は次のようになっています。<請求額300万円以下>着手金⇒8%、成功報酬⇒16%。<300万円超3000万円以下>着手金⇒5%+9万円、成功報酬⇒10%+18万円。<3000万円超3億円以下>着手金⇒3%+69万円、成功報酬⇒6%+138万円。<3億円以上>着手金⇒2%+369万円、成功報酬⇒4%+738万円。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする