離婚では戸籍と姓のことが問題になる

離婚すると結婚で姓を変えた側は原則として旧姓に戻ります。結婚で姓が変わるのは多くの場合は妻側ですから、妻側が旧姓に戻ることになるのです。一方子どもはどうかと言いますと、こちらの方は離婚前と同じで変わることはありません。これをあえて変えようと思う場合は「子の氏の変更許可申立と入籍届」を役所へ提出する必要があります。また親側が子どもの名前に合わす場合は「離婚の際に称していた氏を称する届」の提出が必要になります。また離婚をすると戸籍に離婚に関する事項が記載されます。その記載に差し障りがある場合は転籍をすればいいでしょう。つまり新しい市町村で新しい戸籍を作ると離婚に関する記載はなくなります。ただし転籍でも離婚前と同じ市区町村の場合は、例え新しい戸籍を作ったとしても記載事項は消えることはありません。

離婚後の姓を変更するためには

上にも書きましたが離婚すると、結婚で名前を変えた側は元の姓に戻ります。つまり結婚前の旧姓に戻ることになるのです。一方子どもの方は離婚しても戸籍や姓に変更はなく、離婚前と同じです。でもこれでは母親と子どもの姓が異なりますから、何かと不都合を感じ、子どもと同じ姓に変更を望む人も多くなるのではないでしょうか。その場合は「離婚の際に称していた氏を称する届」を役所に提出すればいいのです。また子どもを妻の旧姓に合わす場合は「子の氏の変更許可申立と入籍届」が必要になります。このように離婚に際しては戸籍や姓の変更に関する手続きが要ることもよく覚えておく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする