離婚が多いのはどの年代層なのか

多分テレビドラマの影響でしょうが、一時「熟年離婚」という言葉がもてはやされ、夫が定年退職した後の離婚が激増していると報じられたことがありました。でも実際には熟年離婚は言われているほど多くはありません。それが大きくクローズアップされたのは、長年連れ添ってきたのに、なぜ熟年になって離婚しなければいけないの、という疑問が人々に湧いたからではないでしょうか。でもこうした傾向は一時的な現象にしか過ぎません。離婚が多いのはなんといっても30代です。30代の離婚と聞けば意外に思う人が多いのではないでしょうか。つまり30代といえば結婚して10年経つか経たないかですから、何故それほど早く離婚しなければいけないのか、という疑問が湧くからです。でも実際にこの年代の離婚が最も多いのは事実なのです。離婚では慰謝料とか財産分与とかの問題がよく取りざたされますが、実際にそうした問題が起るのはそれほど多くはありません。なぜなら離婚をするカップルは圧倒的に財産の少ない若い年代層が多いからです。以下ご参考までに年代別離婚順位を載せておきます。

年代層別離婚率はこうなっている

<第1位>夫⇒30~34歳、妻⇒30~34歳。<第2位>夫⇒35~39歳、妻⇒25~29歳。<第3位>夫⇒25~29歳、妻⇒35~39歳。<第4位>夫⇒40~44歳、妻⇒40~44歳。<第5位>夫⇒45~49歳、妻⇒20~24歳。<第6位>夫⇒50~54歳、妻⇒45~49歳。<第7位>夫⇒20~24歳、妻⇒50~54歳。<第8位>夫⇒55~59歳、妻⇒55~59歳。<第9位>夫⇒19歳以下、妻⇒19歳以下。(2005年統計より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする